山ぶどうの篭は編んだのちに日増しに色合いが変化していきます。篭の醸し出す雰囲気は他の篭では味わうことができないほど です。篭の完成までは幾多の手数がかかりますがその成果が報われます。この山ぶどうの篭が出来上がる工程を2021年「蔓採取体験とひごつくりとかご編み」参加者の皆様と一緒にやっていきます。蔓採取は2021年6月27日。ひごつくりとかご編みは2022年の1月となります。

・・・採取地・・・2021.6

山ぶどう蔓の採取期間は春若芽が出る時期から初夏の若葉が生い茂る時期が採取時期です。この時期を逃すと あと一年を待つことになります。山ぶどうは里地の山ではあまり見かけることがなく奥山が採取地となります。おおよそ6月初旬頃から7月初旬頃が蔓採取となります。

・・・採取地に向かう・・・2021.6

蔓採取体験とひごつくりとかご編み」参加者が採取地にむかいます。この時期は梅雨の時期で蒸し暑く山での採取環境はあまりよくありません。 特に虫刺されには困ります。参加者は虫よけ対策をしての山歩きですが想像以上に大変な作業ですよ!

・・・蔓の生育状況・・・2021.6

採取現場での採取予定の蔓です。蔓の樹齢により太さが違い太いものほど樹皮の厚みあり若い樹齢の蔓ほど樹皮が薄くなります。程良い太さは大人の手首ぐらいがよく高い木に巻き付いているものほど良い樹皮が採取できます、山ぶどうの蔓は30mほど伸びます。山ぶどうは他の蔓とは違い蔓本体が寄生木に巻き付くのではなく巻きひごを巻き付けていきます。この巻きひごはとても強く沢山の巻きひごで蔓本体を支えています。

・・・蔓を切る・・・2021.6

蔓採取を始めたころはどのようにして蔓を採取したらよいのかわからずに試行錯誤して現在の高枝のこぎり利用となりました。蔓は切れると急激に落ちてきます。どの方向におちるか見当をつけての採取です。蔓と一緒に枯れ枝が落ちてくることもあり危険な作業です。怪力と経験が必要な蔓切り作業です。

・・・蔓を見る・・・2021.6

採取した蔓を観察します
蔓はまっすぐ伸びた素性の良い物でした、蔓の太さ4~6cm長さ10Mぐらいの蔓の重さは15kgほどあります。これから樹皮を剥いでの樹皮の重さは2kgとなり乾燥させると樹皮は45~50%ぐらいの重さになり1kgとなります。1本の蔓材からは1kgの原型品となります

・・・玉切り・・・2021.6

採取した蔓を適当な長さに切る玉切り作業です。切る位置や長さなどもひごつくりやかご編みを経験することで理解できるようになります。素性の良い樹皮はおおよそ2.5mぐらいで切断します。その他は1.5mで玉切りをします

・・・鬼皮、外皮を剥ぐ・・・2021.6

樹皮に付着している鬼皮、外皮を剥ぎます

・・・樹皮を剥ぐ 1・・・2021.6

山ぶどうの皮を剥ぎます

・・・樹皮を剥ぐ 2・・・2021.6

山ぶどうの皮を剥ぎます

・・・樹皮を丸める 1・・・2021.6

剥いだ皮を丸めます

・・・樹皮を丸める 2・・・2021.6

採取した皮を丸める作業

・・・樹皮を丸める 2・・・2021.6

参加者全員の採取した皮を丸めました

・・・乾燥室に入れる・・・2021.6

乾燥室に入れて来年1月まで乾燥させます

・・・乾燥、保存・・・

採取したものを乾燥させます。夏場は油断するとカビの発生があります。風通しのよい雨の当たらないビニールハウスなどの施設が 適します。そのままの状態で保存します。

・・・水に浸ける・・・

蔓は乾燥すると丸くなってしまいます。篭編みを始める時に癖などをとるために水に浸けて柔らかくしてやります。 水に浸ける時間は3~4時間で十分です。長時間浸けると樹皮表面の外皮が剥がれやすくなることがあります。

・・・なめし作業・・・

篭編みの裏方作業です。でも作業が大事です。「なめす」とは皮などを引き延ばし癖などをとることを言います。 できるだけ丁寧に何度も鉄棒のようなものに擦り付けて癖をとり曲がりを直したりします この鉄棒ですが大きなサイズの方が皮の割れが少ないのでよさそうです。

・・・ひご作り・・・

希望の幅に樹皮をカットします。一般的な「かごバック」のひご幅は5~7mmです。ハサミなどでカットしますが なかなか均一にカットすることは難しい作業です。工具を作ってひご作りをやってますが慣れないとうまく切れません。

・・・ひごを袋に入れる・・・

ひごを更に柔らかくし作業性をよくするためにカットしたひごをビニール袋などに入れて 乾燥を防ぎます。

・・・篭編み場・・・

篭工房の2階の画像です。この場所で篭編みを行いますが 大きなかご編にはひごが長くなってスペースを広くとります。

・・・型枠の準備・・・

篭を型枠なしで編むには熟練した技が必要です。型枠は大変便利な道具です。 初めての方も型枠を使えばそれほど苦なく綺麗に編むことができます。

・・・篭編み道具(ハサミ、工具など)・・・

篭編みには型枠のほか色々な道具があると便利です。上手に道具を使うことで 職人技のような作業も行うことができます。

・・・マニュアル(作業標準)・・・

ちいくろ工房の篭編みはマニュアル(作業標準)があります。マイスターはこのマニュアルに基づいて 篭編みを行います

・・・底を編む・・・

マニュアルには底を編むにもこのような工夫がされています。熟練者でなくとも熟練者同様以上の 篭編みがこのようにできています。

・・・型枠に底を止める・・・

底を編んだら裏返しにしてひごが動いたり、乱れたりしないように底に 当て板をしピンで止めてから側編みに入ります

・・・編む・・・

ひごを編み込んでいきますがもっと綺麗に出来ないだろうかと試行錯誤を繰り返して より良い編み方、篭製品を作るよう努力しています

・・・内袋、アクセサリー・・・

篭本体ができた後篭内部へ内袋を取り付けたり、アクセサリーの取り付けを行います

・・・かごバック完成・・・

かごバック完成です。