山ぶどうかごバック 味わい深い上質な山葡萄篭を採取から篭編み、販売、修理まで一貫して行い、講習や教室で普及活動も行っています
     
山ぶどうかごバック
     
山ぶどうかごバック
     
山ぶどうかごバック

やまぶどうかごバック 篭編み材料 篭編み講習  希(めぐみ)工房   お問合せ

>
      
山ぶどうかごバック
      
山ぶどうかごバック 商品一覧
山ぶどうかごバック デザイン別かごバック一覧
山ぶどうかごバック サイズ別かごばっく一覧
山ぶどうかごバック かごバックデザイン
山ぶどうかごバック 小物アクセサリー
      
PPバンドかご
      
山ぶどうかごバック PPバンドかご
      
やまぶどう
      
山ぶどうかごバック やまぶどう篭編み材料
山ぶどうかごバック やまぶどう
山ぶどうかごバック 山葡萄栽培
山ぶどうかごバック 山葡萄蔓採取や体験
山ぶどうかごバック 山葡萄「ひご」のつくり方
山ぶどうかごバック 山葡萄篭のできるまで
      
あけび
      
山ぶどうかごバック あけび篭編み材料
山ぶどうかごバック あけび
山ぶどうかごバック あけび栽培
山ぶどうかごバック あけび蔓
      
くるみ
      
山ぶどうかごバック くるみ篭編み材料
山ぶどうかごバック クルミ
      
ヒロロ
      
山ぶどうかごバック ヒロロ
      
篭編み道具
      
山ぶどうかごバック 篭編み道具
      
篭編み講習、教室
      
山ぶどうかごバック 篭編み講習
山ぶどうかごバック 篭編み教室
      
希(めぐみ)工房
      
山ぶどうかごバック 希(めぐみ)工房
      
マイスター
      
山ぶどうかごバック マイスター制度
山ぶどうかごバック マイスター登録者
      
取引表示
      
山ぶどうかごバック 取引表示
      
姉妹ホームページ
      
山ぶどうかごバック ちいくろ
山ぶどうかごバック 「布袋農園」
山ぶどうかごバック        

・・・・・山ぶどうかごバック・・・

山ぶどうかごバック 山ぶどうかごバック

「やまぶどう」は自然の蔓樹皮なのなかでもひときわ優秀な樹皮材です。 通常自然界の素材は年数による経年劣化(腐朽、褪色など)はさけることが出来ません。 しかし「やまぶどう」の樹皮はこの常識を覆す素材で時を経る毎に光り輝く「宝石」のようです。

自然素材で編み込んだ「やまぶどうかごバック」は日本文化の香りがし利用するほど色艶などの深い味わいを醸し出し 洋風、和風スタイルまた老若男女を問わずに似合うお洒落で気品ある素敵なバックです。

希(めぐみ)工房は山ぶどう樹皮の採取、栽培、ひご加工、篭編、保証、修理までを一貫しておこなっており 安心してご購入いただけます。


・・・・・篭編み自然素材・・・

山ぶどうかごバック

自然豊かな山々を先の人たちは生活の中に取り入れ山菜やきのこなどは旬の食材で冬期間の保存食とし 植物、立木、蔓等も上手に利用してきましたが林産業の衰退とともに山村の暮らしは厳しく離山に よる過疎化がすすんでいます

自然の素材を巧みに利用した先人の知恵も伝承継続されることが危ぶまれます。山葡萄などの自然素材の利用などは 山を荒廃させるのではなく活性化させる有効な手段です

自然素材を利用した篭編み文化は先人の知恵に触れ合える貴重な体験で自然に対する見分を広め心豊かになり 人間と自然の調和の大切さを実感します。

先人の知恵に触れあう篭編み自然素材は
山葡萄かご編み材料
アケビかご編み材料
クルミかご編み材料
をご覧ください

・・・・・篭編み講習や教室・・・

山ぶどうかごバック 篭編み講習や教室

自然素材の蔓材は入手が困難で高価ですので編んでみたいと思いますがなかなか行動に移せません。 一般的に編み物教室は藤やクラフトなどはありますが自然素材国産の蔓材での教室を見つけることも困難です

「希(めぐみ)工房」は自然蔓細工普及啓蒙活動の一環として「篭編み講習や教室」を行っています。「篭編み講習」は 年4〜5回2日間の日程で行なっています。今後はマイスター住いの周辺地域でも講習会を実施予定です。 自然素材の良さを知っていただくためにより多くの皆様が参加していただくよう工夫を凝らします

「篭編み教室」は「希(めぐみ)工房」でおこなっております。毎週木曜日、土曜の週2回3〜6回で一つの篭が 終了できるようなコースです。自然素材の篭編み体験してみませんか、一人でも友達とでもお気軽にお越し下さい

詳しくは篭編み教室
篭編み講習
をご覧ください

.....希工房2月のお知らせ.....


   1.山葡萄篭編講習会の予約受付開始しました
     2017年の年間「山葡萄篭編み講習」の予約受付をいたします。
     今回は富山、静岡、埼玉、地元古川で行います。
     お近くの会場へのご参加をお待ち申し上げます
     詳しくは篭編み講習をご覧ください

   2..山ぶどうひごキットの予約受付開始しました
     「山葡萄篭編み」のひごキット、型枠、マニュアルなどの山葡萄ひごキット販売を開始しました。
     このキットで篭一個分が制作できる便利なひごキットです。どうぞご利用下さい
     詳しくはやまぶどう篭編み材料をご覧ください

   3.山葡萄篭のデザイン、サイズ別商品ページをつくりました
     山葡萄篭のデザインやサイズを分類し解説したページをつくりました
     ご購入の際や篭編み講習、教室にはこの分類をご覧いただき参考にして下さい

     詳しくはかごバックデザイン
     デザイン別商品
     サイズ別商品をご覧ください

   4.PPバンドかご(腰篭、はけご)販売開始しました
     荷造りなど梱包に利用されているPPバンド材料を利用しての篭編み製品です。
     「おばさん」が30年以上作り続けている篭です
     手芸用のPPバンド、腰ひもに「真田(さなだ)紐」をつかっってみました
     農作業のお洒落な一品としてどうでしょうか
     詳しくはPPバンド篭をご覧ください

      

・・・・・壺型かご編・・・

山ぶどうかごバック 壺型かご編

昨年末篭編み教室に来られた方が斬新な型枠を制作しその型枠を利用しての篭編みを行なってきました。 丸み部分、波型の縁部分が課題でした。底辺のまるみや立ち上がり胴部分のところは何とかクリアしました が縁周辺のウエーブ部分に少し宿題が残る出来上がりとなりました、しかし全く初めての篭編みで この難関篭編みの出来栄えには驚くほどです。教室にはいろんな方が見えて知らない技法や情報を 教えていただけます。今回も色々お教えいただきまた新しい世界が開けてきました。これからも どのような方々が教室に見えられるか楽しみです。生徒さんが先生なのですから・・・・


・・・・・流水編みかご・・・

山ぶどうかごバック 流水編みかご「W」デザインタイプ

山葡萄の縦ひごを強調した編み方で「すだれ編み」とも呼ばれている編み方ですが当店の名称は 清流の湧水が滴り落ちる流水に見立てて「流水編み」と名付けて見ました。この編み方は底から 3分の一ぐらいまでは網代編みを用い、そこから上は縦ひごと横の「もじり編み」風で 強度とアクセントをつけています。下の網代編みが無い物はアケビの「背負い篭」などに見られる 編み方ですが「流水編み」は上下の変化があっていかにも岩の上の湧水から水が滴り落ちる様のような 風情のある編み模様となっていて素敵です


ご注文やお問い合わせ先
「ちいくろ」希(めぐみ)工房
〒989-6216 宮城県大崎市古川柏崎字大町193-2
メールアドレス    megumi@kagobakku.jp TEL: 0229-26-3475
ホームページアドレス    http://www.kagobakku.jp FAX: 0229-26-3475