山葡萄かごバック
     
かごバック
     
かごバック
     
かごバック

HOME 山ぶどうかごバック 山葡萄蔓材料  あけび蔓材料   お問合せ

     
山葡萄篭編み材料、アケビ篭編み材料

くるみ篭編み材料

山葡萄樹皮を販売していると「クルミの皮」の問い合わせがあります。クルミについてはほとんど無知識でした。 あるときクルミの皮は5月に剥がれるというのを聞いて試しに枝を切り落とし皮を剥いてみるときれいに皮が剥がれてくるのでした。 山形に抜ける国道の道端に「鬼クルミ生息遺伝子」・・・なんとかかんとかいう看板のようなものがあることに気が付いて 行って見ました。クルミの木は河原周辺に生息して誰も実を拾うこともない木になっているのです。そのクルミに2種類のクルミがあること をわかったのはこのときでした。一般的なクルミは鬼クルミ(ヤマクルミ)といい実のなるクルミです。それに対して「沢クルミ」というものが 有ったのです。こちらは普通に見る「クルミの実」をつけることはしません。「実」のつけないクルミがあったのです。それも 山菜やキノコの採取している周辺に沢山ありました。なんでもその道に入るといろんなことを勉強させられます。クルミもそんな 一種でした。

        
   

      
クルミ篭編み材料
    

篭編み材料山葡萄篭編み材料、アケビ篭編み材料    商品名・・・・・沢クルミ樹皮「原型品」
   販売内容・・・今年分売れ切れ(次回販売2018年8月頃〜)
   販売価格・・・3000円/1セット(300g)
   沢クルミの樹皮採取状態のままのものです
   幅や長さ色などが混在したものとなっています
   沢クルミの内側は色が変化し茶褐色になっています
   全体的に色が濃かったり薄かったりの色むらがあります
   ご注文は1セット約300gとなっています。
               
  売れ切れ
篭編み材料山葡萄篭編み材料、アケビ篭編み材料    商品名・・・・・鬼クルミ樹皮「原型品」
   販売内容・・・今年分売れ切れ(次回販売2018年8月頃〜)
   販売価格・・・2400円/1セット(300g)
   鬼クルミの樹皮採取状態のままのものです
   幅や長さなどが混在したものとなっています
   一部にに色が濃かったり薄かったりの色むらがあります
   ご注文は1セット約300gとなっています。
           
  売れ切れ

      
鬼(山)くるみ(クルミ) 沢くるみ(クルミ)
    

     
くるみ(クルミ)篭編み材料

くるみ(クルミ)

クルミの皮で篭を編むのは聞いていましたが皮の採取は想像とは違うものでした。桜の皮を剥ぎ取るように幹の周りを剥ぎ取るものと思っていましたが そうではなく小さな木や枝をそのまま倒したり、切り落としたりして皮を剥ぎ取るのです。クルミにも種類があることもわかりませんでした。クルミは 秋9月頃にキノコの採取に地面に落ちている物を拾っていたのでクルミの実がならないクルミがあったことに驚きました。その実の付けないクルミの木を 奥山ではいつも見ていましたがその木は「楡の木」だとばかり思っていたのです。クルミは河原などに勝手に生えて河川敷の邪魔な木として あまり利用されることが無く扱われているように見えていましたが利用方法でこのように変化することにも驚いています。これからは見地を広げて 物を見るようにしたいと思わされるクルミの木です。         
   

      
鬼(山)くるみ(クルミ)
    

くるみ(クルミ)篭編み材料 実のなるクルミは鬼クルミ

実の付けるクルミの木で「鬼くるみ」とか「山クルミ」とかよばれいます。普通にどこでも見ることのできる クルミの木です。先のとんがった殻が割れやすい鬼クルミよりやや小さい「姫クルミ」と呼ばれているものもあります。 この鬼クルミ(山クルミ)は河原周辺に野生で生い茂り民家周辺にも多く秋には「クルミの実」として採取されています。 「実」は人間や野生動物の食料として広く利用されています。
くるみ(クルミ)篭編み材料 鬼クルミ遺伝子・・・・の立て札・・

山形に抜ける国道に「鬼クルミ遺伝子・・・」とかいう立て札があったことを思いつき早速行って見ました。周囲には鬼クルミらしき クルミの木が繁茂しています。奥山に近いところなので何故この立て札が立てられているのかはわかりません。とくに貴重な保護が必要な 鬼クルミではないようなが気がしますが??・・・周囲のクルミの木もその他の地域とは異なっているようにも見えませんでした・・・
くるみ(クルミ)篭編み材料 鬼クルミの花

クルミの花をこんなに観察したのは初めてです、枝の先端には画像と同じような花が垂れ下がり、枝の中間側芽にも 花が付きます。この花は全て雄花のようです。この花は4月後半から5月にでてきます。
くるみ(クルミ)篭編み材料 鬼クルミの特長 1. 枝分かれ 

通常鬼クルミと沢クルミとを同じ場所に生息していても見分けることはほとんどできません。木の色や葉、その他などは 何の変りもない同じクルミの木に見えてしまうのです。特長を上げるとすると鬼クルミは枝が同じ場所から鳥の脚状に 分かれています。この違いがあるのですが・・やっぱりわかりずらいかなあ〜
くるみ(クルミ)篭編み材料 鬼クルミの特長 2. 葉が大きい

会長先生の見分け方法は「葉の大きさだ」といいます。葉が大きく一見で違いが判るのだそうですが 沢クルミを見馴れて無い人には・・・・・その違いはやっぱりわかりずらいです〜・・・
くるみ(クルミ)篭編み材料 鬼クルミの特長 3. 節が少なく枝がきれい

鬼クルミの皮を剥いてみると綺麗に剥けました。山ぶどうとは大違いです。枝もまっすぐで節も少なく 綺麗な樹皮が採取できます。
くるみ(クルミ)篭編み材料 鬼クルミの樹皮の色

鬼クルミの樹皮の内側、外側、幹材を見てみます。外側は白色に近い物が多く内側は採取時は白色ですがそのご黒色に変化しますが 樹齢によって色の変化が違うようです。全体的には黒色になりますがなかにはあまり変化のしない樹皮もあります。 クルミの樹皮は表(外側)内側と交互に利用され編まれることが多いので鬼クルミでも十分に模様を作ることは可能です
くるみ(クルミ)篭編み材料 鬼クルミの樹皮と採取

クルミの樹皮は幹が太ければ皮も厚く、枝が細ければ皮が薄いというふうになります。太い木からは厚い幅広の樹皮が採取でき 細い枝からは薄く狭い幅の樹皮となります。採取の目安的な太さは2〜10cm位が樹皮としては適しているように思います。 採取は幹をカッターなどで2つ割にします。あまり小さく分割すると幅の狭い樹皮となるので2つ割ぐらいで採取しなるべく柔らかいうちに 内側を表面にして丸めて縛ってやります。乾燥すると固くなりその後の作業がしずらくなるためです
くるみ(クルミ)篭編み材料 鬼クルミの樹皮

樹皮の内側は採取時は白く時間がたつにつれて黒色に変化します。中には変化の少ない物もあります。 沢クルミの樹皮と比べると樹皮適には良い物が多く固くて丈夫、反面編みずらいのかなとも思います

      
沢くるみ(クルミ)
    

くるみ(クルミ)篭編み材料 沢くるみ(クルミ)

「実を付けないクルミ」・そんなクルミの木があることは全く知りませんでした。クルミの皮を採取すると不思議なことに気が付きました。 あるところで採取したクルミの皮には色の変化があり、あるところのもには変化が見られないというものです。採取時期や場所の違い、または クルミの木と間違って他の木を採取したなどとその違いがわからなかったのです。・・ある渓流釣りの時、会長先生が沢クルミが邪魔して 思ったところに糸を垂らせないと言ったのです。・・・沢クルミ??・・沢クルミって・・この木が・・その木はずーと楡の木だとばかり 思っていた木でしたから・・・・そうか沢クルミってこの木か・・やっと沢クルミを覚えたのです・・・その木は奥山にはどこにでも見ることのできる木でした。
くるみ(クルミ)篭編み材料 沢くるみ(クルミ)の花

奥山の湿地沢添いにはこの沢クルミの大木が沢山あります。沢クルミの花が7月に垂れ下がるように咲いています。鬼クルミとは違う 花でまるで七夕飾りや風鈴のように見えました。
くるみ(クルミ)篭編み材料 沢クルミの特長

沢クルミの枝は鬼クルミのようにあるところから枝分かれせず互生してついています。また葉も鬼クルミに比較して 小さく可愛い葉ぶりです。この枝が互生することが樹皮の皮では大きな欠点があります。それは皮に節穴があることです。
くるみ(クルミ)篭編み材料 沢クルミには節穴が多い

「沢クルミ」の樹皮内側です。画像のように節穴がところどころにあります。長いひごを採りたいときには この節穴が邪魔になりますがこの欠点よりも内側の樹皮の色が好まれて欠点を補っています
くるみ(クルミ)篭編み材料 沢クルミと鬼クルミの樹皮比較

鬼クルミと沢クルミの皮を剥いた内側の状態を比較してみました。鬼クルミの皮はきれいな色をしています。一方沢クルミは 内側の皮の色に変化が生じて来ています。赤茶色に変化しているのです。・・・クルミの皮で篭などを編む時にこの色の変化が好まれて 「沢クルミ」を求める方が多いようです・・・・。
くるみ(クルミ)篭編み材料 沢クルミの樹皮色合いの変化

沢クルミを採取してくると内側の色が変化していることに気が付きました。その色の変化は皮の表面に刺激を与えることで より鮮明な色が出てくるようで採取後表面を洗浄するとともに内側もタワシでゴシゴシと刺激を与えてやります。 すると表面の色素に変化が出て画像のような色合いになっていくのです。更に時間と共に色合いに変化が見られます。 この色合いの変化にも樹齢が関係するようです。若い木は赤茶色、高齢は黒茶色が多いようです。また鬼クルミ同様 色合いの変化の少ないものも混じりますが理由はよくわかりません。
くるみ(クルミ)篭編み材料 沢クルミの樹皮と色合い

その後沢クルミの内側は色の変化を続け様々な色合いが生まれて全体的には黒茶色系が目立つ色が多くなります。 この色合いの変化の微妙さ奥深さが編み手や利用する人を惹きつけているようです
くるみ(クルミ)篭編み材料 沢クルミの樹皮

樹皮は鬼クルミに比較するとやや柔らかな感じがします。でも節が多く良質なひごを作ることは 少し厄介かも知れません

      
ご注文お支払い方法のご案内
    

      
ご注文方法  
 ご希望の商品が決まりましたら、買い物かご、FAXまたはメールにて
 ご注文の申し込みをお願いします
 FAXでお申し込みの場合は FAX注文用紙をご利用ください。
 メールでご注文の場合はこちらcheechro@sansaikinoko.comからお申し込みください

価格 送料  
 商品の表示価格には消費税が含まれています
 お支払い方法を「代金引換」をお選びの場合には代金引換手数料324円が有料となります
 請求金額は商品代金+送料となります
 お支払い方法を代金引換をお選びの場合には
 請求金額は商品代金+送料+代金引換手数料となります

お支払い
 後払い・・お支払いについては、商品がお手元に、届いてからの「後払い」となります。

 お支払方法は、郵便振替、銀行振込、代金引換です。

 ご希望のお支払い方法をお選びください
 1.郵便振替・・郵便局から代金を振替する方法です
   商品と同封する振替用紙にてお支払いください振り込み手数料は発生しません
 2.銀行振り込み・・銀行から代金を振り込みで支払う方法です。
   一緒にお送りする納品請求書に振込口座が記入してありますので
   そちらへお振込みください
   銀行振込みの場合は振り込み手数料は振込み者負担となります。
 3.代金引換・・商品をお届け時に商品と引換えに代金をお支払いする方法です。
   お届けする「クロネコヤマト」のドライバーさんに代金をお支払いください。
   代金引換手数料324円は有料となります

返品について   
  ご注文いただいた内容と異なった品が届いたり、商品が不良品などの場合には
  商品の交換もしくは代金の減額、返却をいたします。


      
送料のご案内
    


東北、関東、信越(新潟、長野)

北陸、中部、関西

北海道、中国、四国、九州

沖縄

800円

900円

1000円

1200円

      
運送、送料補足説明
    

商品代金
 商品の表示価格には消費税が含まれています
 お支払い方法が「代金引換」の場合には代金引換手数料324円が有料となります
 請求金額は商品代金+送料となります
 代金引換の場合には請求金額は商品代金+送料+代金引換手数料となります

運送業者と配達時間指定   
 1.運送業者:クロネコヤマトの「宅急便」を利用させていただきます
 2.配達時間の指定:クロネコヤマトの「宅急便」には配達時間の指定ができます
   午前、12〜14時、14〜16時、16〜18時、18〜20時、20〜21時の時間帯があります
   ご希望の場合にはご指定ください、午前の場合には時間指定はありません

荷物の確認と問合せ先  
 1.伝票番号;発送の際に伝票番号をご連絡します
   その番号で発送後の荷物の所在の確認ができます
 2.荷物の確認先:確認はこちらクロネコヤマトの荷物お問い合わせシステムから
   伝票番号を入力することで確認が出来ます
 3.電話からは「宅急便」は、0120−01−9625

その他のご留意点
 1.梱包、荷姿:梱包は中古のダンボールを利用してのお届けとなります
   多少の汚れや傷などがありますのでご了承願います
 2.第三者へのお届け:お届け先をご注文者以外の所へ届ける場合には
   お届け先へは納品書、ご注文者には納品請求書を郵便にてお届けします
 3.贈答品の取り扱い:贈答品用としての梱包、熨斗などの用意はありません
   通常同様の中古ダンボールにてお届けとなりますのでご了承お願いします
 4.海外への発送:海外への発送はお受けしておりませんのでご了承願います


ご注文やお問い合わせ先
「ちいくろ」希(めぐみ)工房
〒989-6216 宮城県大崎市古川柏崎字大町193-2
メールアドレス    megumi@kagobakku.jp TEL: 0229-26-3475
ホームページアドレス    http://www.kagobakku.jp FAX: 0229-26-3475